FC2ブログ

Entries

対話篇09 青→花 7

花田くんの判断どおり、このスケッチは、ここで言う「ドローイング」には入りません。
その空間がどんな空気の質をもっているのか、読み取れないからです。
ぼく自身は、このスケッチから、実は、ある特定の空気の質を実感するのですけれど、他の人は、きっと、感じとることができない。だから、ドローイングとは呼べない。
つまり、(ここで言う)「ドローイング」というのは、自分だけでなく、第三者を想定した絵のことです。

前に、丸山直文さんのアトリエにお邪魔して、お話しを聞く機会がありました。たしか、若い作家の話をしているときのことだったと思うのですけれど、丸山さんが、「やっぱり、どこかで第三者の視点も持って描いていないとねえ」と言われて、へー、美術であっても、第三者の視点が大切なんだ、とちょっと意外に思ったことがありました。美術というものが、自分はこう感じる、こう思う、ということから出てきているのは、まあ、たしかにそうなんだけれど、それを実現していく過程では、人もその作品によってそう感じるか?という視点も必要なのですね。そうでないと、独りよがりの作品になってしまう。つくること一般に、第三者の視点が大切、ということを、つくづく思いました。

ということで、「無意識の感覚的な落書き」の多くは、第三者の視点が入っていない、という点で、ぼくも、(ここで言う)「ドローイング」には入らないだろうと思っているよ。なぜ「多くは」と保留つきにするかと言うと、「無意識」のなかに、第三者の視点が入っている場合もなくはないし、「落書き」にも人の目を意識したものもあるだろうからだけどね。(「感覚的」なのは、おおいに結構。)でも、「無意識の感覚的な落書き」という言葉で、花田くんが言おうとしているのは、つまりは、自分だけがわかっていればいいという独りよがりの絵、という意味だと思う。

もっとも、とっかかりは、別に、「無意識の感覚的な落書き」でいい。そして、そこに感じられる世界が気にいったら、その気にいったところをはっきりさせーつまり、一歩引いて第三者の視点を入れーそれを伸ばすように、次の絵を書く。その絵が、いや、違うなあ、と思ったら書き直す。うまく行ったと思ったら、もっとうまくいく絵を書いてみる。そういう絵が、つまりは、(ここで言う)「ドローイング」というわけ。

その「第三者の視点」として、「言葉」という道具がある。しかも、すごく強力な道具として。でも、それでも、「言葉」は、その「第三者の視点」のひとつだというのが、ぼくの考え。
ぼくは、設計を進めるとき、「ドローイング」という道具をあまり使わない。(プレゼンテーションとしては、もちろん使うわけだけれど。)たいていの場合、模型をつくって、それを見て、設計を進める。その判断のなかで、「言葉」も使う。でも、「感覚」のままに残したまま進めるところも多い。というのは、簡単に「言葉」にしてしまっては、失われてしまうものもあるから、ね。
スポンサーサイト



この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://envopenstudio09.blog62.fc2.com/tb.php/19-0f93c988

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

QRコード

QRコード